エロいテレビ電話をするメリット・デメリット

2020年7月3日

LINEやカカオトークなどスマホ向けアプリでエロいテレビ電話で裸を見せ合ったり、ビデオ通話でオナ電するのが当たり前の様に使われています。ここでは音声通話ではなく、お互いの姿を見せ合うテレビ電話でエロいことをするメリットをご紹介します。

エロいテレビ電話のメリット

顔や裸を見てエッチな会話ができる

一番のメリットは無料で相手の裸を生中継で見れる事でしょう。画質も昔に比べて高画質になっています。おっぱい好きな人やお尻好きな人はアップでパーツを見たりできます。二人っきりなのでお互いにエッチな映像を自由に送り合えます。当然オナニーのネタとしては最高です。

浮気にならない

直接会う訳ではないので浮気や不倫にならないと考えている主婦の方が意外に多いです。この様な人妻さんはセックスレスで欲求不満な事が多く、平日昼間に相手を探しています。大胆にクパァやアナル、SM調教など希望する女性もいます。

自宅から出なくて済む

風俗やデリヘルを呼ばずにタイプの女性とエッチができます。携帯ライブチャットならすぐに相手を選んでエロいテレビ電話やテレフォンセックスを楽しめます。

相手がいれば完全無料でエロいTV電話ができる

彼女やSNS友達がいればライン電話やスカイプのビデオ通話が無料でできます。docomoのFOMAなどであった高額なテレビ電話に比べて完全無料なので大変お得です。

テレビ電話でエロ事をするデメリット

タイムラグがある

夜になってくるとネット回線が混むのでテレビ電話も映像が途切れたり、コマ送りになる事があります。またdocomoやau、softbank以外の格安スマホはネット回線が遅いので音声の遅れなども発生しやすいです。

ブサイクや年齢偽装がバレる

見た目に自信がない方、コンプレックスがある方にはテレビ電話での見せ合いは難しいでしょう。相手が見せているのに自分は見せないというのはあり得ません。ビデオ通話ではなく音声通話のみにするか、また見た目をよくする必要があります。

画面録画できない

せっかく有料ポインtを購入してエッチなテレビ電話を掛けてオナニーショーを見ても録画できません。オナニーのオカズにできないので結果高くなります。

パケット消費が激しい

TV電話は動画を送り合っているのと同じなのでパケット消費が激しいです。気が付いたら月内の通信容量制限を超えてることも。テレビ電話をする際はwi-fiが必須です。

人見知りには厳しい

顔を見て話すのが苦手、自分の姿を見せるのが嫌いという方は顔を見せ合うテレビ電話は難しいでしょう。音声通話でのテレフォンセックスの方が顔を見せないので安心できます。